福岡では女性の活躍を応援する取り組みが行われており、働く若い女性が増えています。

福岡は若者が活躍する社会として変化している

近頃、地方都市の中で高い人気を誇る福岡。
実は、政令指定市(国内に20ある大都市の名称)の中でも人口増加率がトップクラスに高く、若者人口が1位に達する時期もありました
特に若者の中でも女性が多く、男性の2倍近くの若者が福岡で活躍をしていると言われています。
なぜ、福岡で女性がここまで活躍できるのでしょうか?

 

福岡県の掲げる女性が活躍する社会

バリバリ働く女性

福岡では“福岡県人づくり・県民生活部男女共同参画推進課 女性活躍推進室”という県庁直属の組織が主体となって、女性の活躍を推進する「女性の活躍 応援たい!」というポータルサイトを運営しています。
同推進室を起点として、以下のような“女性が社会に与える影響”を重要視していることが、女性の活躍を後押しする一因となっていたのです!

 

人材不足で女性の労働力に大きな価値を

福岡県でも例外なく人材不足の波が押し寄せています。
そのような中で、これまで雇用機会に恵まれなかった“埋もれた才能”として、女性を始め、外国人労働者や意欲のある若者の中から社会で活躍する次なる原石を見つける活動を強化すべきだと認識を改めたのです。

 

多様性は女性の活躍から生まれる

これからの社会は、外国人労働者やハンディキャップを持った労働者を適材適所に充てることで、さらなる就業の“多様性”を確保しなければいけない世の中であるとされています。

 

この多様性の実現化には、これまで固定観念とされていた“女性は専業主婦として家庭を支える”といった、古い常識を崩していかなければいけないという考えも含まれており、この取り組みが女性の活躍を推進することにつながるのです。

人それぞれの個性がある

 

女性の活躍で必ず発揮される効果への期待

今以上に女性が社会に参画することで生産性の向上」「新商品のアイデア」「人材の充足という点で、大きな効果が見られるとされています。
それは、これまで会社が感じていた法律改正への“仕方なく守る”といった意識を改革するためにも必要な成功体験だと見込まれているのです。

 

急速ではなく段階的な活躍を広げる

柔軟性は広まりを見せているとはいえ、これまでの社会はやはり男性の権威が強く、女性が排除されている印象を受けざるを得ませんでした。
そのため、いきなり女性の労働力を活躍させるには場が整っていないと言えます。

 

福岡県は性急にではなく女性の社会参画を徐々に進める計画です。
女性活躍推進を確固たるものにするために、必要なことを心得ている価値観だと言えるのではないでしょうか。

 

自治体のバックアップは力強く期待大

女性が既存の社会に参画するとともに、自ら道を切り開くことを補助するために「福岡市スタートアップカフェ」のような企業支援施設で専門家による相談や、雇用支援を行っています。

 

もちろん他の地域や都心部でも女性の活躍は推進されており、労働環境の整った社会ができあがりつつあることも事実です。
それでも福岡の対応の早さには目を見張るものがあり、女性が参考にしたいモデルが豊富にあるのは、注目の的になるのではないでしょうか。

 

ページの先頭へ戻る