福岡空港が多くの人々に活用されているのは都市へのアクセスが良いからです。

都市へのアクセスが最高な空港がある街

福岡といえば、おいしいグルメに魅力的な観光スポット、夏祭りなどのイベントごとまで網羅した言わずと知れた観光スポットとされています。
そして、魅力的な福岡に足を運びたくなる一番の理由は、福岡の中心的存在である博多まで電車でものの5分で到着することのできる空港の存在が影響しているのです!

 

福岡空港

福岡空港の様子

福岡空港」は1945年に開港された空港で、2017年度における年間利用者数が日本の空港で4位になるほど多くの人々に活用されている空港とされています。
その魅力は福岡の中心ともされている博多駅までの所要時間が、なんと電車でたったの5分と言うことです。

 

博多はグルメが堪能できる街として有名で、その魅力は国内を飛び越え中国、韓国、台湾の訪日観光者まで広く波及しています。また「キャナルシティ博多」「中洲屋台街」「博多ポートタワー(博多港)」などの観光スポットにもアクセスが良いため、福岡空港は福岡を知る上では欠かせない玄関口となっているのです!

 

ビジネス面でも好立地とされている

福岡空港から5分で足を運ぶことができる博多駅は、観光やグルメだけでなくビジネス街としても有名とされています。特に博多駅周辺には「株式会社ワールドインテック」の本社や「NTTデータ九州」があり、日本を代表する企業が軒を連ねているのです!

 

さらに、博多駅から「呉服町」「天神」「唐人町」や「渡辺通」といった周辺のビジネス街にも短時間でアクセスすることが可能とされています。地方に新たな拠点を考えている都心の企業が支店や営業所を構える際に、数ある地方都市の中から福岡を選択肢に入れておきたい理由の1つになるのではないでしょうか。

 

北九州空港

北九州空港からの抜群のアクセス、小倉駅

福岡には市街に出るのに非常に便利な福岡空港がありますが、2006年には新たな玄関口として「北九州空港」が設立され、2つの空路を構えたことでも有名になりました。

 

北九州空港は東京への運行回数が多く、空港自体が九州で唯一24時間営業しているため、深夜や早朝の便に融通が利くことが強みとされています。
また、こちらの空港は福岡のもう1つの主要ターミナルである小倉駅へのアクセスも良いとされているため、目的地に応じて空港を使い分けることができるようになっているのです。

 

今後の展開に期待が大きくなる

北九州空港は未だ新しい企業ですが、営業時間やアクセス先に応じて福岡空港とは上手な使い分けが可能です。また、今後は県内の主要都市へのアクセス面の改善も検討されており、LCCや貨物専用便の誘導も積極的に行うという案も出ているため、福岡空港にならぶ空の玄関口として期待されています。

 

福岡に行くなら飛行機の活用が最適とされる

福岡には新幹線でもフェリーでも向かうことができますが、現状では、観光に来る人もビジネスに来る人も最も外せない博多に直行できる、飛行機の利用が適しているとされています。
観光にもビジネスにも優れた街である福岡の魅力を味わうために、まずは一度、空の旅に足を運んではいかがでしょうか

ページの先頭へ戻る