福岡の需要が衰えないのは再開発事業をはじめ、トレンドの働き方改革まで真剣に取り組んでいるからです。

衰えを見せない福岡の需要

福岡県は中心地に大きなビジネス街を構え、さらには大学や短期大学も多いため、ビジネスにも学問にも適した街とされています。
その結果平成22年~平成27年の間における人口増加率が、大都市の中で最も良好とされ、名実ともに需要の高い地域となりました。

 

その福岡でさらなる需要を生み出すために県が主体となって、とある取り組みが行われています。
その取り組みとは、実現すれば多くの企業や地域に影響を与える“再開発事業”と“働き方改革”という一大プロジェクトでした!

 

福岡のさらなる需要を予感させる取り組み

 

再開発事業

古い社屋は取り壊されてリノベーションされる

 

すでに大都市である名古屋市や札幌市と肩を並べるほど有力な都市とされている福岡。
魅力的な都市としての認知度が高まっていますが、天神を中心とした再開発計画「天神ビッグバン」が福岡の魅力をさらなる高みに押し上げるという期待がされています!

 

再開発は福岡の注目度をさらに向上させる

再開発が行われることは、県外の地域から注目を集めることにつながります。特に不動産投資の観点で見ると、再開発が行われた地域は活性化が見受けられることが多く、家賃の上昇が起こりやすいのです。

 

 

不動産投資家は土地の価値向上に敏感なため、必ずと言っていいほど再開発地域にアクセスが良い優秀な物件に投資を行います。
そうすれば転入者の増加につながり、ひいては県の活性化につなげることができるのです!


 

働き方改革

働き方改革」とは、生産性の向上、従業員の満足度向上という観点から労働環境を整備する対策です。
昨今問題視されている長時間労働や雇用区分が引き起こす格差を解消するために、法律という観点で各企業にアプローチすることが徐々に実現されています。

 

働き方改革で色んな人が働きやすくなる世界へ

 

特に福岡県では働き方改革の意識を企業に根付かせるために、県が主体となって「働き方改革推進事業ポータルサイト 働き方かえるばい!」というコンテンツを運営して、働き方改革とは何かという点から啓蒙を行っているのです!

 

企業の付加価値向上にもつながる

福岡県の働き方改革の一つに「ふくおか・よかばい・かえるばいキャンペーン」という取り組みが行われています。
この取り組みは有給休暇取得の義務化ノー残業デーの制度化、話題となっているテレワークの推進を行うことで、地域貢献につなげることが可能です。

 

自治体のお墨付きを受けることで企業のイメージは良くなるメリットがある上に、優良企業が増えれば県としても人口増加につなげることができるため、双方にメリットがある大きな取り組みとなります!

 

 

福岡の魅力はさらなる加速を見せる

人口増加率若者の割合という点で福岡はすでに他の地域と大きな差をつけています。
これも県が主体になって“再開発事業”をはじめ、トレンドの“働き方改革”まで真剣に取り組んでいる成果です。
学生にもビジネスマンにも魅力的な福岡県への注目はこれから先も欠かせないのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る