福岡で起業すれば人件費や土地代が削減できて会社としての利益が大きくなります。

福岡は人件費と土地代が低く起業に向いてる

 

デメリットよりメリットの方が大きい

 

会社を運営する以上、「人件費」そして「土地代」は必ず考慮しなくてはいけない費用になります。できることなら安く済ませたいこれらの費用、無理して東京に拠点を構えなければ大幅に削減出来るかもしれないということは御存じでしょうか。

 

例えば、福岡で起業すれば大幅な費用削減を期待することができるとされています!

 

人件費について

東京に比べ、福岡で起業して社員を雇った場合は人件費が低くなる傾向にあります。それは最低賃金を見れば一目瞭然です。令和元年10月における東京の最低賃金は1,013円福岡の最低賃金は841円とされており、1時間あたり172円の賃金差が生まれています

 

最初は1人会社として起業しても、いずれ従業員を雇うことを考えなければいけません。その時にこの172円という人件費の差は大きな判断材料となるのではないでしょうか。

 

人件費におけるさらなるメリット

人件費が低いということは、同じ仕事をしていても支払わなければいけない賃金は安く済むということです。つまり、仕事の絶対量が多い東京のオフィスで依頼を引き受けて福岡の本社で仕事を行うようにすれば、人件費を低く済ませることができるため、会社としての利益が大きくなるのです!

 

土地代について

 

土地を買うなら東京?福岡?

 

地方での起業は、東京に比べて土地代が安いこともメリットとされています。福岡のオフィス街であり、新幹線の停車駅にもされている「小倉駅」周辺の土地代は平均33万円程度とされています。一方、東京のオフィス街として圧倒的な人気を誇る「新宿駅」と比較した場合、新宿駅の土地代は平均1,150万円です。

 

新宿は一等地になると地価3,000万円を超える住所もあるため、福岡と比べると固定費だけでも圧倒的に高い水準で運営しなくてはいけなくなります。福岡の中心地とされる博多と比べてもその差は1,000万円近くに上ることから、非常に大きな比較対象と言えるでしょう!

 

土地代におけるさらなるメリット

土地代が安いと言うことは、固定費の削減につながります。固定費とは、会社の取引結果に関わらず決まった日に決まった金額を支払わなければいけない費用です。ほかにも水道光熱費や、人件費も固定費に含まれ、固定費を削減することは売上げを発生させることと同じくらい大切な取り組みとされています!

 

福岡での起業は金銭的に優遇される

ビジネスという観点で考えた場合、やはり起点となる東京は捨てにくい候補地とされています。しかし、地方に目を向ければ東京だけにビジネスの場が集中しないように、自治体主体で様々な政策が行われているのも事実です。

特に福岡では、起業家を支援する「創業・事業承継補助金」「ものづくり補助金」などの支援金や、「スタートアップカフェ」などの制度が魅力的とされています。極めつけには人件費や固定費という観点でも非常にメリットが大きいため、起業の際は福岡を候補地に入れてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る