福岡に支店を置くのはビジネス拡大の面でメリットがあり、新たなビジネスが期待されるからです。

地方にオフィスを持つことはメリットになる?

地方のビル街~福岡編

東京に本社を持つ会社が地方に支店や営業所を設けることは珍しくありません。
土地が広大で地域の強みがある地方でのビジネスは、結果的に本社での営業活動に大きな刺激を与えることが期待されているのです。
特に、最近注目されている“福岡”にオフィスを設置する理由には以下のようなメリットが挙げられます!

 

福岡に支店を検討すべき理由

東京からのアクセスがいい

交通の便が良い街

福岡から東京の間はアクセスが非常に良いです。

その理由の1つに、福岡の起点となる博多駅から空の入り口である福岡空港までの所要時間が、たったの5分であるということが挙げられます。

 

さらには福岡空港から羽田空港までの空の便はおよそ2時間とされており、新幹線の利用時の5時間近い移動時間と比べても圧倒的に早いことが特徴的です。
このアクセスの良さは、東京に本社を持つ企業が福岡を次なる拠点として選ぶ理由として十分でしょう!

 

アジアとの交流が深い

福岡には港が数多く存在し、朝市や夕市でグルメを楽しむことができる魅力があります。しかし、海に面している県の魅力的な点はグルメだけではありません。
特に、福岡の港のなかでも“博多港”ではクルーズ船の発着が活発的に行われており、その結果として国際拠点港湾・特定港に指定されています。

博多港の入国者数は全国の空港・港湾の中で9位を誇る立派な日本の窓口です。
入国者には韓国の釜山などアジア圏からの旅行者が多く、中にはビジネス目的の渡航者もいるため、国際的な活躍を目指す企業が福岡に進出することは大きな理由を持つことになります!

固定費が安い

メリット・諸経費を安く抑えられる

東京や大阪、神奈川などのビジネスの主要都市に比べると、福岡は賃料や人件費といった固定費が抑えられる傾向にあります。
事業の種類によっては、東京で受けた仕事を福岡に回すことができ、地方の活性化につなげることも可能です。

 

また、直接のやりとりが必要な場面であっても交通の面で有利に働くことがあるため、他の地方都市でなく福岡との分業体制を行うことは非常にメリットがあるのではないでしょうか。

 

ビジネスの交流が盛んとされる

福岡は「グローバル創業・雇用創出特区」として国に正式に認可された国家戦略特区とされています。
そのため、起業に適した制度が数多く用意されており、起業家や個人事業主が集まりやすい環境が整えられているのです。

 

福岡に支店を置けば、創業制度を活用した異業種の起業家とのつながりが生まれることも珍しくないとされています。営業活動の幅を広げるという意味では、福岡に支店を持つことはメリット有効的とされているのです。

 

他の事業者との縁

 

 

需要は高く、新たなビジネスを期待されている

福岡に支店を持つことはビジネス拡大の面で非常にメリットがある取り組みだと言えます。
また、本店が東京にあることで、都心に集まった仕事を地方に分散して地域活性につなげることも可能です。
気候や食文化も恵まれている福岡に支店を持つことは、一考の余地があるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る